読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

缶詰の常套句

万年筆とか写真とか。

ミュージアムぐるっとパスが便利。但し学生は注意。

宿酔で元気がないので久し振りにブログ。まあ、タイトルで終わりなんですが。

年の瀬に「ミュージアムぐるっとパス・関西2016 普及版」を買った。これは近畿と中部、中国辺りの美術館の割引券や無料入場券が綴になったガイドブックみたいなもので、多くの美術館の常設展には無料、特別展には団体価格で入場することができるという魅力的なはずの代物。有効期間が3ヶ月の普及版は1000円なので、結構簡単に元が取れるんじゃないかと思っていた。

ところがこれ、一般料金から団体料金には引いてくれるが、学生料金から学生団体料金には引いてくれないのだ。大抵のところで、団体料金より学生料金の方が安い。そんな訳で、このパスを使って行ける美術館、博物館の選択肢が大幅に狭まってしまった。つらいね!!!!!!

もちろん、企画展も無料になる館(主に、企画展の会期中は常設展がない小規模なところ)もあるので、そこを狙って行けば元が取れないことはない。しかし更に悪いことに、「関西文化の日」というあちこちの美術館、博物館が入場無料になるイベントの折に結構回っていたこと、名古屋とか岡山とかこれを使うために行くには遠いことがあって、結局西宮市大谷記念美術館で使っただけになってしまった。つらいね。

そういうわけだから学生諸氏は注意されたし。

ちなみにこのパスは掲載されている美術館やJRのみどりの窓口で購入出来るのだが、みどりの窓口では引換券をくれるだけで結局美術館で交換する必要がある。それなら美術館で購入する方が手っ取り早い。これに関しては無駄足ばかり踏んでしまった。おとなになったらまたかいます。

www.museum-cafe.com

『エゴン・シーレ 死と乙女』はちょっぴりえっちな活人画だった

 シーレは一番好きな画家。それにしても何で今シーレなんだろう、と思いながらもフライヤーのカットに惹かれたので観に行った。シーレを描いた映画だと思うとちょっと物足りないけど、格好いい仕上がりではあった。


※伝記映画にネタバレが存在するのかよく分からないけど多分あります。


 1918年のシーレの死と、モア、ヴァリ、エディット(とその姉)という三人の女性との出会いを交互に描く、構成はふつうの伝記映画。<<死と乙女>>のモデルでもあったヴァリとの関係を中心に据えていて、思春期を脱していないようなシーレの強烈な自意識みたいな部分は全然出て来なかった。最初から最後まで激モテ女たらしで、まあ確かにモテたのかもしれないけど、終始「成熟した大人の男でござ〜い」みたいなのはなんか違う気がする。でも多分監督の方がシーレのことをただの一ファンなんかよりずっと調べていると思うので、違うとかは余り言わないでおこう。

 でもせっかく鏡をモチーフとして仰々しく使っているのだから自画像を描くシーンが一度ぐらいあっても良いじゃないか、と思った。生涯に渡って繰り返し、執拗に、最も手近なモデルでもあった自分自身を見つめたシーレの映画に自画像がひとつも出て来ないなんて〜〜〜、それにシーレの画風の変遷とかもっとしっかり〜〜〜〜〜、と憤っても仕方ないのだな。これはシーレの画業を紹介する映画ではなくて、エキセントリックなカリスマ天才イケメンのめちゃモテロマンスなのだから。

 セセッションでシーレが展覧会を行うとき、クリムトは既にこの世を去っており、むしろ彼の指導的な役割はクリムトの死によってもたらされたと言っても良いほどである(らしい)。なのにクリムトの死について言及さえされないというのはなんとも奇妙である。ヴァリの死を強調するには、そうせざるを得なかったのだろうか。

 この映画に描かれているのは、シーレの芸術に対する、そして芸術家たろうとする情熱と、社会の受容の(どちらかと言えば社会それ自体の変化によってもたらされた)変化である。だからそこに物足りなさを感じるし、けれどもそれによって普遍的なものを表現しえたのかもしれない。


 もうひとつの問題は、芸術か猥褻か、みたいな論争である。シーレは勿論、際どい絵や小説を制作したために窮地に立たされた人々は古今東西枚挙に暇がない。シーレは13歳の娼婦でも何でもない女の子と関係を持ったとして起訴される。その訴え自体は無事棄却されたのだが、子供にえっちな絵を見せたかどで暫く拘禁された上、子供をモデルにしたヌードは焼き捨てられてしまう。「これが芸術なもんか、いかがわしいポルノじゃないか!」と裁判官が吐き捨てるところはちょっと笑いどころ。なんせそのとき彼が持っている絵はまるで扇情的には見えないものなので。

 しかしこの映画は、シーレのえっちな芸術を無条件に肯定し、称揚している訳ではない。例えば芸術家仲間とモデルのモアを連れて訪れた田舎で、屋外で裸の写真を撮ったりするのだが、そりゃまあ公序良俗にあれですよね、という感じがする。

 そして活人画というモチーフ。シーレとモアは活人画を見せる劇場で出会う。その舞台で役者がおっぱいを出して静止する様と、シーレがおっぱいを出していたり股を広げていたりするモデルに「動くな」と命じてデッサンを始める様は、それがシーレの絵のスクリーン上での再現であることを鑑みれば同質であるように思う。その上でポルノとは違うものとして、マンコの芸術をどのように正当化すれば良いのだろう。

 それからこれは各国の判断で入っているのかもしれないが、シーレのチンコにモザイクがかかるシーンがあって、芸術猥褻問題を取り上げる中でこの表現は批評的だな、と思った。


 ちょっと否定的な感想になったが、シーレの絵がそこそこ見れてわーってなるし、セセッションにあるクリムトの壁画も写ってるし、オーストリアの風景がとっても綺麗だし、ゲルティが可愛いし、クリムトのビジュアル的な再現度が高い(頭髪の量はともかく)ので、視覚的にとても楽しめる映画だと思う。短いけど今日はここらへんで。


[参考文献]
ジェーン・カリアー『エゴン・シーレ―ドローイング水彩画作品集』新潮社、2003年

ズゼとマックの息子に会いに市原ぞうの国へ。あと上野とか。

f:id:cannedcliche:20170130232628j:plain:h400

 ぞうが嫌いな人類は居ないので、今回はぞうについて書く。王さまシリーズの王さまも、ぞうのたまごで玉子焼きを作ろうと頑張ってたからね。はい。

 もうちょっと説明すると、王子動物園のインドゾウ、ズゼとマックの息子、結希が千葉県、市原ぞうの国で元気に成長中なのだ。王子動物園には幼稚園の頃からちょくちょく行っていて、愛着あるゾウだから東京に野暮用が出来たついでに会いに行って来た。ありがとう、野暮用!

 ズゼのこれまでの出産などについてはウィキペディアとかぞうの国と王子動物園の公式サイトとか参照。


(どうでも良いんだけどウィキペディアの「実在した象の一覧」ってタイトル面白くないですか。ハンニバルの象とかどこまで本当か分かんねえだろ……
実在した象の一覧 - Wikipedia

続きを読む

日本出身力士がうんたらかんたらについて感じる違和感そのほか

 ただのぼやきを、ハンナ・アーレントの引用から始めよう。彼女が「あんたユダヤ民族への愛が欠けてるんじゃないの」とふっかけられたときの返答である。

私はこの種の「愛」によっては心を動かされません。それには二つの理由があります。第一に、私はいままでの人生において、ただの一度も、何らかの民族あるいは集団を愛したことはありません。……私はただ自分の友人「だけ」を愛するのであり、私が知っており、信じてもいる唯一の愛は、個人への愛です。第二に、この「ユダヤ人への愛」は、私自身がユダヤ人であるからこそ、私にはむしろ何か疑わしいものと見えるのです。

(2006『現代思想十月臨時増刊号 第三四巻第十二号』早尾貴紀ジュディス・バトラーの(不十分な)「イスラエル批判/シオニズム批判」からの孫引きです。ご容赦を。)


 相撲が好きだし、高安が好きだし、荒鷲が好きだ。集団への愛や忠誠が、個人や個別の競技に対する愛に優先したらいやだ。(「好きだ」と「嫌だ」にとどめておく。)でもワイドショーとかの普段相撲を取り上げない人たちは、稀勢の里横綱になることより、日本人が横綱になることを喜んでいる感じがするからうんざりする。

 言いたいことはこれ以外特にないから、以下はただのゴミである。

続きを読む

読書(に纏わる)記録がどうも一元化出来ない

 多かれ少なかれ本を読む人なら記録をつけていたりいなかったりするのだろうが、なかなか一筋縄では行かないものである。何年も試行錯誤し、あれもこれもと付け加えるうちに今では一冊読む度にノートやファイルをあちこち開いてかなりの時間を費やすようになってしまった。

 年末でもあるし、何かの参考になるかもしれないので自分の読書に関わる記録を、本を手に入れてからの時系列に沿って紹介してみたい。

  • 読みたい本リスト(evernote/amazon)
  • 買った本リスト(exel)
  • 蔵書票(笑)
  • 読んだ本リスト(えくせる)
  • 読書ノート/引用ノート
  • ブクログ
続きを読む

ふっこう割で九州へ〜海だ!山だ!温泉だ!鍾乳洞だ!

f:id:cannedcliche:20161222205638j:plain

車も免許も無いので普段の旅行は公共交通機関一本なのだが、この夏友人に誘われて遥々九州まで行ってきた。遥々と言ってもフェリーに乗っていれば一晩で着くのだから、そう遠くない。レンタカーを借り、一人旅ではなかなか行けないようなところに行けて楽しかった。

今回の写真は現像のときにちょっと盛りすぎてしまったが、特に良かったスポットを振り返ってみる。

続きを読む

「白髪一雄 密教との出会い」、並びに抽象画についての雑考

 「白髪一雄 密教との出会い」という展示が尼崎市総合文化センターの美術ホールで12月11日まで、「白髪一雄 密教との出会い」という展示が同センター白髪一雄記念室で来年の3月12日まで開かれている。前者は尼崎市市政100週年記念事業であり、後者は常設展の第8回展示だ。会場はお隣で開催期間は違うが、同じ入場券でどちらも入れるし、テーマも同じ。行く前はちょっと戸惑った。尚、12時から13時までは入室出来ないそうなので注意が必要。

 白髪一雄は、その方面に詳しい人にとっては言わずと知れた抽象画家、ということになるのだろう。素人から見れば「いかにも」といった抽象画を描く画家である。取り立てて現代美術や抽象画に興味がある訳ではないのだが、白髪の作品と偶然出会ったのが小学生のとき、ということもあって少し思い入れがある。

 今回の展示のテーマであり、白髪の生涯に大きな影響を与えた密教について本来なら触れるべきなのだろうが、全く知識も無いので絵から受ける印象についてだけ書くことにしよう。

 よく、抽象画は分からない、何が面白いんだ、などと言われるが、果たして具象画は一見して「分かる」ような存在なのだろうか。確かに、具象の描かれたキャンバスを見れば、女が川に浮かんでいるとか、激しい波の遠景に山があるとか、そういったことが分かる。でもそれは、その絵を分かったことになるのだろうか。その絵がオフィーリアを描いていることまでが分かったとして、そこに描かれている植物の象徴的意味が理解出来たとして。

 絵について費やされる言葉はごく大まかには解釈と感想に分けられるだろう。画家自身がその絵について言った言葉も含めて、解釈は一解釈でしかないし、感想もまたひとつの感想に過ぎない。ある個人の抱いた感想が、権威ある解釈によって損なわれるということもない。寧ろ絵を観るという体験は、どちらかと言えば感想の次元に根ざしていると思うのだ。一枚の絵を前にすると、仮に言語化されなくても、何か印象のようなものを抱く。その点で絵を観るのは、例えば小説を読んだりするのとは決定的に異なる、身体的な経験だと思う。何だかナイーブなことを書いてしまっているが、白髪の絵を観ているとそういう気持ちになるのだ。美術館、展示室という空間に置かれていなければ、思わず手を伸ばして触れていたであろう、生唾を飲み込むような体験。
(くどいようだが、身体感覚を特権化し、密教の主題が云々、という解釈を批判しているわけではない。素人としての楽しみ方の話だ。ところで美的陶酔と分析の対立を説いていたのは、誰の何だったっけ)

 なんだかこれだけでは白髪の絵について何も伝わらないような気がしたので、少しだけ紹介する。


f:id:cannedcliche:20161207230200j:plain:left:w230例えば記念室(入って右手・狭い方)に掛かっていた<<密呪>>という絵は、中央の円が何か硬いものをコンパス代わりに絵の具をこそげ落とすようにして描かれたであろうこと、描かれた時のキャンバスは寝かされていたであろうことなどを語る(だからと言って、この絵に惹かれる理由の説明にはならないので歯がゆいところだが)。立てられれば巨大な幅2メートル程のこの作品も、床に置かれ、その上を歩くスペースだと考えればそう広くないのかもしれない。

f:id:cannedcliche:20161207225608j:plain:leftそして<<大威徳尊>>という絵。画像では到底伝わらないが、白髪の他の作品と同様、油絵の具が各所各所で飛び散り、盛り上がり、そのまま固まった絵だ。まるで時間がキャンバスの上で凝固したような。油絵の具が宙に浮いた形で固まるまでの時間。一番上に塗られた白い絵の具が、下の絵の具が乾ききる前に塗り広げられたものであろうこと。ベルナール・ビュッフェの絵なんかも、油絵の具が盛り上がっているが、受ける印象は全く違う。

 記念室入ってすぐの画面では、フットペインティングの制作風景が流されている。なかなかの見ものだった。かっ開かれたチューブから匙で絵の具を掬い、ポイポイ画面にぶちまけては紐にぶら下がりその上を滑る。最後、足に付着した絵の具を拭う場面で『2001年宇宙の旅』のBGMが流れるのには笑ってしまったが。

 ぐちゃぐちゃと書き連ねてしまったが、益体もないことである。大人200円、学生100円と市立美術館(ここは美術館とはちょっと違うかな)の例に漏れずお安い上、阪神尼崎駅下車すぐ(連絡デッキがある)という好立地でもあるので、もし機会があれば是非。回し者ではない。一ファン(?)として、こんなブログを読むよりはずっと良い体験が出来ることと思う。


 尚、この記事に掲載した画像は公式サイトから拝借しました。<<大威徳尊>>については展示、並びにパンフレットに掲載されていた作品と画像の向きが違っていたのでこちらで回転させました。作品の写真に関して、引用元を明記していれば保存して勝手にアップロードすることが許されるものなのか、いまいち分かっていないので、問題があればご指摘頂けると幸いであります。