缶詰の常套句

万年筆とか写真とか。

読書

安吾の故郷、太宰の旅先。

新潟の街は、へんに埃っぽく乾いていました。捨てられた新聞紙が、風に吹かれて、広い道路の上を模型の軍艦のように、素早くちょろちょろ走っていました。道路は、川のように広いのです。電車のレエルが無いから、なおの事、白くだだっ広く見えるのでしょう…

読書(に纏わる)記録がどうも一元化出来ない

多かれ少なかれ本を読む人なら記録をつけていたりいなかったりするのだろうが、なかなか一筋縄では行かないものである。何年も試行錯誤し、あれもこれもと付け加えるうちに今では一冊読む度にノートやファイルをあちこち開いてかなりの時間を費やすようにな…