読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

缶詰の常套句

万年筆とか写真とか。

ファーバーカステル・ストーングレーを入れる

文房具 万年筆・インク

f:id:cannedcliche:20161120212427j:plain
憧れのファーバーカステル、万年筆は手が出ないのでシャーペンとかインクとか、外堀から攻めてます。


公式サイトの商品写真では蓋が白く見えたので、ちょっと取り返しの付かないぐらいダサいんじゃないか、と恐れていたのですが、届いてみるとちゃんと格好良くて安心しました。好き嫌いはあるにしてもファーバーカステル製品に限ってデザインがダサいなんてことはまず無いでしょう。なんてったって憧れの伯爵コレクションですからね。

早速(うそ。買ってだいぶ経ってから)スーベレーンに入れてみました。ペンに入れる前に細いつけペンで書いてみると、かなり黒っぽくなったので字幅が太めのペンに入れました。太めと言ってもEFなんですが、濃淡も綺麗に出ています。

気のせいかもしれませんが、インクを入れるとき首軸にインクが残らないような気がします。粘度が低いのでしょうか。そのへんの分析は趣味文に任せた方が良いですね。
f:id:cannedcliche:20161120211310j:plain

これが、細めの丸ペンGペンに付けて書いたものです。微妙ですが、細い方が濃いかな? なんか、色温度が低い……。
f:id:cannedcliche:20161120215502j:plain

何故グレーが欲しかったかというと、黒だと言い張れないことはないし、黒よりかっこいい感じがするからです。そしてブルーブラックよりマニアックなのではないか、と。

検討中のメモがこれなのですが、だいぶ前に調べていたので自分が何を重視してどこを調べ歩いていたのかいまいち覚えていません。とにかく青っぽくなく、薄すぎないものが良かったようです。個人ブログやインクフォーラムのようなところで画像を見比べながら考えたのだと思うので、余り参考にはならないかもしれません。
f:id:cannedcliche:20161120211634p:plain

こうして並べてみるとちょっとお高いですが75mlと大容量ですし、ドキュメントプルーフという付加価値もあります。とは言えそれが決め手になった訳ではなく、使ったことがないブランドのインクを買ってみたかっただけなのですが。

書き味がサリサリしている、というレビューもありましたが、特にそれは感じません。

黒だと言われたら黒に見えなくもない、ブルーブラックとはだいぶ違う、個人的には丁度いいインクです。
f:id:cannedcliche:20161120211918j:plain